なぜ医療にはカルテが必要なのか

電子カルテ

医療のIT化が進んでおり、紙カルテが電子カルテに移行してきています。電子カルテには、患者の情報を記録しておくだけではなく、予約システムや会計システムまでの機能を含めるようになってきました、今回はカルテについて学んでいきます。

カルテの目的

まずは紙カルテからおさらいです。紙カルテの目的は、患者さんの情報を保持し、共有することです。患者さんのバイタルサインや検査結果、家族状況、日々の状況などが手書きで書いてあります。また、手術の同意書など関係書類を保管しておくことも目的となっております。

一方、電子カルテの目的は、紙カルテと同様に患者さんの情報を保持し、共有することに加え、予約システム、会計システムなどのITシステムを活用し、患者さんの医療サービスへの満足度の向上を目的としています。

紙カルテと電子カルテの違い

紙カルテを媒体にしてデータを保存しています。一方、電子カルテは電子機器、つまりパソコンでデータを保存しています。

データの保存の仕方は紙かパソコンかの違いは、データが場所の制限があるかないかを決定します。場所の制限の有無で、機密性や機能性が異なってきます。

紙でのデータ保存では、紙をいう物質に縛られているため、データには、場所の制限がかかってしまいます。紙カルテの場合、場所の制限がかかることで、そのデータをみるためには、置いてある場所に行かなければいけません。

一方、電子データは、場所の制限がないため、データをみるためには、世界中でみることができます。また、場所の制限がないためデータ同士の関連を見つけやすくなります。検査結果など前回と比較して改善したかどうかは一目みればわかるようになっています。拡散性では、電子カルテの方が高くなっています。

しかし、拡散性が高いということは、データ漏えいに繋がる可能性が高いことを示しています。いわゆる機密性においては、紙カルテの方が高いです。電子データを保存する場合は、セキュリティを万全にしておくことは必須であることは明示です。

カルテの機能性

電子カルテは、場所の制限がないことを利用し、オンライン診療も可能にしています。

*オンライン診療とは、WEB予約・事前問診・ビデオチャットでの診察、クレジットカード決済、薬・処方箋の配送、調剤薬局との連携、診察圏マップ(患者さんがどこから来ているか、他のクリニックがどこにあるかわかるツール)等各種機能を備えたサービス全体を指します。

オンライン診療では、「医療の転換期〜場所について〜」でも述べたように「場所の転換」が如実にあらわれています。今までは、クリニックまで足を運んで、診察を受けなければ行けなかったですが、これからは自宅でも診察を受けることができます。有名な先生やクリニックに足を運ぶ必要はなくなり、移動できず診察できなかった課題もなくなります。「クリニックや病院で診察を受ける」から「どこでも診察が受けられる」に変化し、場所の制限がなくなりました。この変化は、インターネットなどの情報技術の発達によるものでありすべてのものがつながっていく世界の途中なのだと思います。

しかし、電子カルテは多くの機能をもっているため、初めて電子カルテを使用する方は、機能の説明を受けなれば使用することは困難になっています。実際に看護実習や看護師1年目は、電子カルテの使用の仕方に研修の時間を割いています。紙カルテは、患者さんの情報を保存することに特化しているので、初めて紙カルテを使用する際も電子カルテほど困難なく使用することができます。

以上のことを図にまとめるとこのようになります。

紙カルテ電子カルテ
場所の制限ありなし
機能性低いが、初心者でも使いやすい高いが、初心者は使いにくい
機密性高いが、共有しにくい低いが、共有しやすい

図より、紙カルテ・電子カルテを比較すると一長一短であることがわかります。医療者は、どちらの長所と短所を理解した上で利用していくことでより質の高い医療提供が可能になってきます。

まとめ

結論、紙カルテと電子カルテは、一長一短。電子カルテは、使い方や機密性の面を克服すれば、ITの技術を活用することで、業務を効率化でき、よりより医療につながっていきます。医療にカルテが必要な理由は、「患者さんへの医療の質の向上するため」です。あくまで、カルテは、手段であることを忘れてはいけません。これからも皆様と一緒に新しい医療を作っていきたいと思っております。ここまでご拝読ありがとうございます。

参考記事

医療ITコンサルタントのためのQ&A 連載一覧→医療ITコンサルタンからの視点から電子カルテについて書いてあります。IT視点と医療視点の中立な立場から書いてあるので一読おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました