オンライン診療の実態

オンライン診療とは

オンライン診療と聞くと、「医者がオンラインで患者さんの診察をすること」にとどまってしまうかもしれません。しかし、オンライン診療とは、「WEB予約・事前問診・ビデオチャットでの診察、クレジットカード決済、薬・処方箋の配送、調剤薬局との連携、診察圏マップ(患者さんがどこから来ているか、他のクリニックがどこにあるかわかるツール)等各種機能を備えたサービス」を指します。そして、オンライン診療に対応したカルテは、他院との差別化を図るための機能を追加しています。予約システムやオンライン診療など多様化するツールがあります。

遠隔での診察によって生まれる価値

「医療を考える」でも述べたように医療を提供することにおいて場所の制限がなくなってきています。今までは、クリニックまで足を運んで、診察を受けなければ行けなかったですが、これからは自宅でも診察を受けることができます。有名な先生やクリニックに足を運ぶ必要はなくなり、移動できず診察できなかった課題もなくなります。「クリニックや病院で診察を受ける」から「どこでも診察が受けられる」に変化し、場所の制限がなくなりました。

予約システムは何をうみだすのか

医療機関における予約システムとは、ただ単に予約するだけではなく、「予約から会計まで、シームレスに業務の効率化を実現する予約管理システム」を意味しています。サービスを利用することで、予約から会計までをオンラインで済ますことができます。

予約システムを利用するにあたってのメリットデメリットを医療者側と利用者側と分けて考えていきます。

医療者側にとっての予約システムのメリットとしては、「業務の効率化」、「患者との接点の増加」、「再診率の増加」が考えられます。予約システムがない場合、患者さんがクリニックにきて、口頭で受付をし、問診票を書き、保険証を受け取り、確認してから順番を待つことになります。混んでる場合には、体調が悪いなかで1時間待つこともあります。予約システムがあった場合、受付・問診票、保険証の提出は自宅で行い、順番は近づいたら呼び出され待つ時間も少なくなります。業務が少なくなり、患者さんとの業務以外での対応できる時間ができるようになっていきます。また、データを蓄積することで見えない課題の可視化や、クリニックの強みなどがわかり、データも活用できるメリットもあります。

デメリットとしては、「予約システムの使用方法がわからない」、「コストがかかる」だと思います。「予約システムの使用方法がわからない」にたいしてGMO株式会社では、使用方法を一緒にティーチングしてくれるサービスもあり、わからなくなった場合、すぐ聞ける環境にあります。コストに関しては、無料とは行かないが、システムを利用することで患者さんが増えたりし、収入が上ゲルことができれば、問題はないと思います。(ここが難しいところだとは思いますが、、、)

利用者にとっての予約システムのメリットとしては、「待ち時間の短縮」、「再診率の増加」、「満足度の増加」が考えられます。「待ち時間の短縮」については上記で述べた通りですが、「再診率の増加」は、この待ち時間の短縮にもつながっており、クリニックに対しての満足度が上がり、「クリニックにいくのに時間がかかるから診察しない」との理由で、診察を希望していなかった患者さんをも診察できるようになります。

デメリットとしては、「使い方がわからない」が大きいと思います。システム導入時、HPやクリニック等で患者さんに告知をして、わからない場合対応する形になっています。GMO株式会社さんでは、IVRという電話で疑問点を解消できるシステムも導入しており、利用者さんが利用しやすい環境になっています。

オンライン診療によって進む医療のDX化

オンライン診療のさらなる強みは、「診察における業務のDX化」です。

診察の業務は、受付をし、健康保険証、老人手帳、紹介状(ある場合)お薬手帳を提出します。問診票を記入し、診察科を決定します。その後、診察をし、次回の予約をとり、会計をする。薬がある場合は、処方箋をもらい、薬をもらいに行きます。(図は春日部市立病院参照)

スクリーンショット 2021-05-09 14.43.14

診察の流れでみるとこのように受付から診察、会計、薬など多岐に渡ります。業務だけで見ても重ねる工程は多いですが、医師・看護師・医療事務・薬剤など関わる職種も考えると、診察業務の複雑性は増します。

DXとは、「医療×DX」で述べたように、「診察などのパーツのデジタル化」、「業務フローのデジタル化」を経て、「サービスを受ける患者さんや生活者の視点を解釈して、新しい価値を見出すものにする」ことです。

診察における業務のDX化とは、まさに「診療のDX化」であり、診療のデジタル化だけではなく、DX化することで新しい価値が生まれます。例えば、GMO株式会社さんのメディカル革命では、患者さんの情報をもとにした年齢別統計、どこから診察しているか視覚化できる診療圏統計、キャンセル率統計、人材の稼働率を表す稼働率統計(治療統計)といったデータを蓄積し、そのデータを利用できることサービスがあります。稼働率統計のデータを分析することで、時間対費用が可視化できることや、人材の無駄がないか?を見直すことができます。

「診療のDX化」をすることで、データを蓄積し、効率化、満足度の上昇、再診率の増加など様々な価値が生まれてきます。

相互作用するクラウド型電子カルテ

従来のカルテは、紙カルテを電子化し、保存できる状態にしたものが多いです。体温や血圧、検査などを保存でき、経過表を用いて見やすくしています。(下記参照)

スクリーンショット 2021-05-11 10.26.22

電子カルテの利点は、「保存性が高いこと」と「拡散性が高いこと」です。検査、手術、保険、家族構成、患者におきた出来事、治療など患者に関することがまとめられており、紙より検索しやすく、場所もとることなく多くの情報をまとめることできています。電子カルテは、その情報がインターネットを通じて拡散できるというのも特徴です。かつ、それがリアルタイムで共有で病院内だけではなくほかの病院機関でも共有が可能です。

電子カルテの現状は、「保存性が高いこと」と「拡散性が高いこと」の利点が活用できていない場面が多いです。「保存性が高いこと」ということは、情報が多量にあるという捉え方もでき、情報が多すぎて、患者がどのような状態かを把握することに時間が取られることがおおいです。病院のカルテの刷新やアップデートは、保守性を第一にしているため行われることがすくなく、扱いにくいUIになっております。扱いにくいUIのためカルテを扱うのに時間がかかり、その指導にも多くの時間が割かれます。

また「拡散性が高いこと」に関しては、電子カルテがクラウドの技術ではなく病院内のシステムにとどまっていることが多いため、外部と患者さんの情報をやり取りする場合は、紙で印刷して郵送か、患者の手渡しでやり取りをしています。まさに、病院内での電子カルテの現状としては、導入してはいるもののその利便性を十分に発揮できていない状態です。

電子カルテの展望は、「双方向化」「共有化」がメインに変化していきます。

AIの技術により、多くのデータを用いて、予測することが可能になりました。このAI技術によって保存するのみで一方的なカルテは、疾患の予測をしたり、入力補助をしたりと医師や看護師などの医療職者との双方的な電子カルテに変化してきています。例に株式会社Ubieでは「AI問診ユビー」の提供を2018年に開始しています。「AI問診ユビー」は、タブレットを活用して問診し、AIが個別化した質問に患者が回答すると専門的な文章に翻訳された形で医者へ届けられるサービスです。このように、AIとが医療者側に提案するようカルテが出てきています。

「共有化」に関しては、医療情報システムをクラウド化することによってさらに共有化がすすみます。今までは、病院機関内だけでの情報共有でしたが、病院に加え、薬局、患者さんまでも自分の情報を共有に変化していきます。株式会社メドレーでは、クラウド型電子カルテ「CLINICS」は、オンライン診療も実施可能なカルテで、予約・受付・診察・会計事務まで医療機関と患者がスムーズにつながるカルテを実現しています。このように、場所を取られずに共有化ができるカルテがでてきています。

クラウド型電子カルテの普及には、IT知識の欠如などの知識面、変化への恐れなどの精神面など課題が多く残っています。

オンライン診療が医療にもたらす価値

オンライン診療とは、ただ単に診療のオンライン化ではなく、”診療のDX化”であり、データを蓄積し利用することで、業務の効率化、顧客満足度の上昇、診率の増加など様々な価値が生まれてくるサービス」です。ITの技術を活用することで、業務を効率化でき、よりよい医療につながっていきます。医療人材が不足しているなかで業務の効率化は避けては通れない道です。医療のDX化の人材に必要なことは、「ITリテラシーを身につけること」、「何が課題か、目的か、そしてそのために必要なものはなにかを考える力」です。

これからも皆様と一緒に新しい医療を作っていきたいと思っております。ここまでご拝読ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました