治療用アプリについて

治療用アプリ

看護師をしている横山です。今回は、治療用アプリについて学んでいきます。

治療用アプリの現状、その活用方法、展望を書いていきます。それでは、よろしくお願いいたします。

治療用アプリとは

治療用アプリについて確認していきます。治療用アプリとは、「アプリで治療をしていく医療機器」のことを指します。

アプリは、スマートフォンにダウンロードして、使用することができます。治療用アプリは、利用者さんにアプリをダウンロードしていただくことで、疾患の診断や治療・予防をしていくことを目的としています。

治療用アプリの強み

この治療用アプリは、点滴や内服、疾患指導と比較して優れている点は、「場所の制限がないこと「時間の制限がないこと」「機能の制限がないこと」だと思います。詳しく見ていきましょう。

「場所の制限」がないこと。アプリは、物質ではないために、病院外、ないしは日本、世界中まで拡散することができます。薬や点滴なども外に運べていましたがアプリほどの拡散性はなく、時間も必要となっていました。また、物質ではなく、低侵襲であるため、副作用が起きにくく、研究機関や研究コストが低く抑えられることも強みです。ウェアラブルデバイスとも連携することができ、ダウンロードしたスマホ本体だけではなく、他のウェアラブルデバイスなどにも共有することができます。場所の制限がないため、連携もでき、なおかつ場所も制限されないことが特徴です。

「時間の制限」がないこと。利用者が寝ているとき、運動しているとき、関係なく常に働くことができます。この「時間の制限」がないことで、常に患者さんの利用状況から患者さんの状態を把握することができます。その利用状況から学習し、情報共有を行えたり、改善にもつながっていきます。

「機能の制限」がないこと。薬では、ある症状に対して限定的に治療をするという機能を持っていました。アムロジピンといったら血圧を下げる薬といったように。しかし、アプリは、ある症状に対して限定的に治療をするという機能は同じですが、それに加味してティーチング機能やトラッキング機能、アラート機能を追加することができ、個別に機能選択ができます。健康になるという目的のために、様々な機能を追加できる強みを持っています。

治療用アプリは、「医療の転換期」で述べたように「場所の転換期」、「時間の転換期」の変化を表しています。

これからの治療は、場所、時間に縛られないものに変化していきます。

治療用アプリの現状と展望

2014年に医薬品医療機器等法が改正し、予防・診断・治療を目的としたアプリ・ソフトウェアが医療機器の対象になりました。このことは国がアプリやソフトウェアが治療につながると判断したとの意味になります。そして、2020年日本で初めてCureApp社の治療アプリが医療機器として認証され、保険適応になりました。「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCO チェッカー」は、ニコチン依存症の心理的依存にアプリを通じてアプローチしていき、行動変容を促し、正しい生活習慣に導いて治療していきます。*詳細

 ニコチン依存症だけではなく、サスメド社の不眠症治療アプリ田辺三菱製薬のうつ病「こころアプリ」といったように治療用アプリは、様々な疾患に対して多くの種類が増えてきています。アプリ単体だけではなく、ハードとセットで治療していく方法もあり、他のデバイスと関連した治療が行えるようになってきています。しかし、アメリカと比較すると、2010年にWelldoc社の糖尿病治療アプリが承認されており、日本は10年遅れています。

これからアメリカと同様に、日本でも治療用のアプリが研究・開発されていくと思います。これからのデジタル治療は、より多岐に渡り、社会実装されていくと思います。

まとめ

このように、治療用アプリは、「場所の制限」、「時間の制限」がないため、医療に「場所の転換期」「時間の転換期」をもたらすことが可能です。あくまでも目的は「利用者さんのよりより健康と医療選択」であることを忘れてはいけません。手段の目的化に留意して、今後も新しい医療を作っていきたいと思います。ここまでご拝読ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました